学び続ける習慣を武器にするブログ

リクルートで育成企画してます20代社員です。 就活されている方に方に「広く・深く深く学ぶ習慣」を磨くきっかけとなれる情報を発信していきます!

【突出した成果を出した経験がないと悩む方へ】就活で魅力ある人材だとアピールするためにお伝えしたいこと

こんにちは!

最近、数多くの就活をされている方と面談をしている中で、以下のような悩みを抱えている方が何名かいらっしゃいました。

・これまで突出した成果を出した経験がないので、就活で自分のアピールできない

・自分には能力があまりないので、他の就活生に勝てるかが不安

そんな不安を抱えていらっしゃる就活生の方にいつもお伝えしているのは、過去は変えられない。大切なことは、今日何をするかということです。そこで、今日は、なかなか就活で自分を語れない。と悩む方に対して少しでも気づきがあり、アクションに移せるような記事を書けたらと思います。 

<目次>

就活で念頭においてほしいたった1つのこと

成人発達理論による人間の能力について

成長の3つの観点

就活で語れることは今日から創れる

終わりに

就活で念頭においてほしいたった1つのこと

f:id:kazu0822sophia:20210507185744j:plain

まず、就職活動をされている皆様にお伝えしたいのは、就職活動とは、自分の魅力を遺憾無く伝え切れるかが大事だということです。では、魅力とはなんでしょうか。皆様はどんな人に魅力を感じますでしょうか。

ホリエモンみたいなゴリゴリビジネスで成果を上げている人?それともかまいたちの山内のように面白いトークができる人?または、米津玄師みたいな多くの人々の心を動かす作品を続ける人?

ここで僕が言いたいことは、就活におけるアピールすべき魅力は決して頭の良さや成果をあげてきた経験だけではないよということです。

成人発達理論による人間の能力について

f:id:kazu0822sophia:20210414222904j:plain

ちなみに、成人発達理論なるものをご存知でしょうか。この理論は大人がどのように学び、成長をするのか?を理論化したもので、現在育成企画・推進を紛いなりにも仕事している身として、結構興味がある分野で色々本を読んだりしてます。

そんな成人発達理論で言われているのが、人の成長を考える際、2つの種類の成長があるということです。

1つ目が、「能力の成長」です。リーダーシップ力やロジカルシンキングなどのスキルはこの「能力の成長」に分類されます。

そして2つ目が「器の成長」です。「器の成長」とは一言でいえば、人間性や度量のことです。つまり、人としての成熟度というイメージでしょうか。

就職活動はどうしても「能力」の方の着目しがちですが、これまでの人生で「器の成長」を必ずしているはず。問題は、「器の成長」という観点が抜けてしまい、自分が無能だと思ってしまうことだと思います。

なので、これまでの経験で突出した成果を出して経験だったり、能力がないぞ。ではなく、自分の人としての魅力はどこにあるのか?をしっかり言語化し、勝負をすれば良いと思います。魅力がゼロの人なんて、いないはずです。 

成長の3つの観点

f:id:kazu0822sophia:20210529215922j:plain

もう少し、成長について補足をしてみます。成長と聞くと、なんとなく中長期的なイメージを持たないでしょうか。実は、成長と時間の関係についても成人発達理論では、触れられていて、以下3つの成長があると言います。

<マクロな成長>

イメージに持たれやすい年単位を基準とした成長のことです。

<メソな成長>

これはマクロな成長の年単位よりも時間が短く、月単位、あるいは数週間の時間の単位で起こる成長のことを指します。

<ミクロな成長>

そして、最後がミクロな成長です。これは月単位よりも時間がさらに短く、日単位、あるいは時間・分・秒単位で起こる成長のことです。

3つの成長において、ミクロな成長が自覚されないことが多いのではないでしょうか。昨日の自分と今の自分を比較した時に、うおおお!成長したぞ!と実感する人は稀だと思います。

しかし、マクロな成長を起こすためには、メソな成長が必要であり、メソな成長を起こすためには、ミクロな成長が必要なのです。つまり、つまりですよ。日単位、なんなら秒単位の成長をいかに着実に積み重ねられるかが人の成長において、鍵となるということです。

このミクロの成長を自覚化する力はとても重要であると個人的には思ってます。日単位の成長を自覚できると自己効力感も高まり、自己効力感が高まると自信がつく。そして、自信がつくと行動に繋がり、行動が成果につながると個人的には思うので。

 成人発達理論の知識共有は以上になります。ちなみに、僕が上記の成人発達理論についての学びを多く得たのは以下の本になります。もっと知りたい!と感じた方はぜひ読んでみてください!

就活で語れることは今日から創れる

色々つらつら書いてきましたが、僕が本記事で言いたいことは、今時点で語れる経験、能力がなくてもこの瞬間から作り出せるということです。成長は、今この瞬間からできるということです。成人発達理論の理論上。

あなたは今日何をしましたか?本を読む。映画を観る。人と会う。僕のブログを読む。なんでもいいですが、今日の行動による学びを思考しましょう。

この記事を読んでみなさま。ありがとうございます。あなたはこの記事を読み、何を学びましたでしょうか。何かアクションしてみてください。今からでも語れることは作れます。

終わりに

f:id:kazu0822sophia:20210215203020j:plain

今日は、成長という概念について、色々な切り口で考えてみました。個人的に成人発達理論はとても興味深いと思ってます。育成企画・推進という仕事をしているというのもありますが、自分の成長のためにも大人の成長のメカニズムを理解することは非常に意義があることだと思います。興味がある方はぜひ学んでみてください!

今日は以上です!