学び続ける習慣を武器にするブログ

リクルートで育成企画してます。 若手ビジネスマンに向けて「広く・深く学ぶ習慣」を磨くきっかけとなれる情報を発信中です!

【学生のうちに知っておきたい!】投資とは一体?学生である僕が投資を始めようと思った3つの理由

投資というコトバ、おそらく知っているコトバだと思います。では、投資とは何か?何のために行うものなのか?という問いに答えるとしたら何と答えるでしょうか実はこの投資、生きる上で最もといっても過言ではないくらい重要なものなのです。

しかし、投資は非常に重要であるにも関わらず、興味を抱く学生が非常に少ないです。そこで今回は投資とは何なのか、そして僕が投資に興味を持ち、なぜ始めようと思ったのかについてざっくばらんに書いていこうと思います。

投資に対して、少しでも興味を抱いていただけたら幸いです!

f:id:kazu0822sophia:20180730190516j:plain

投資とは一体何?

 投資とは一体何なのでしょうか。最近読んだ「この時代に投資家になるということ」という本に僕の考えを言語化してくれる一節がありました。

”投資とは、コミュニティーに参加することである。”

僕はこの言語化、なるほどなとという感じました。「投資」と聞くと「お金を稼ぐもの」というイメージがあるかもしれませんが、投資とは、将来的に自分の価値を高めるためのものというのが正しい認識かと思います。

例えば、今流行りのオンラインビジネスサロン。多くの人はホリエモンや著名人が開くオンラインサロンにこぞって参加しています。なぜならそのサロン、つまり、コミュニティーに参加することで将来的に役立つ価値を享受できると考えているからだと思います。つまり、投資=コミュニティーへの参加ですね。

またSNSも投資になり得ます。最近、本を出版されたゾゾタウンの田端氏は「フォロワーが1000人いない人はダメである」という発言をし、話題になりました。SNSでフォロワーを多く獲得することは自分が作ったコミュニティーに参加することでもあります。

では、なぜSNSで多くのフォロワーを獲得することが投資となるのか。それは、インフルエンサーという概念が登場したことと、フォロワーの数が信頼の数と同義と捉えられるようになってきたからだと思います。つまり、フォロワーが多いということはその人が価値ある人間である照明になるということです。

この時代に投資家になるということ (星海社新書) [ 正田 圭 ]

価格:1,015円
(2018/8/2 16:02時点)
感想(0件)

 

”今”と”投資”

投資の概念について、上記で詳しくご説明してきましたが、もしかするとだいぶ投資のイメージが変わったかたも多いかもしれません、それこそ、投資と言えば、株式投資や債券、そして不動産投資などが今までは主流でした。しかし、今、投資はインターネットの発展により大きな転換点を迎えているのです。 それこそ、なんでも投資の対象になってきているのです。これをオルタナティブ投資と言います。

例えば、メルカリの登場により、家にずっとある自分にとっては価値のないものが他者にとっては非常に価値のあるものかもしれません。このメルカリというコミュニティーの属することで、自分にとって価値を享受できるようになったのです。

またユーチューバーも投資の人でしょう。ユーチューブというコミュニティーをうまく活用し、自分で価値を生み出すことでお金を生んでいます。

これら2つのサービスは全てインターネットの登場により可能になった投資方法なのです。

僕が投資に興味を持った3つの理由

では、僕はなぜこの大変革期にある投資というものに興味を持ったのか。それは単純に人生を通して「自由で居続けたい。」ただそれだけです。

自由に生きたい

 まず、自由というコトバはとても抽象的なコトバなので、僕なりの「自由」をご説明すると。「常にワクワク生きて、人に価値提供し続けることで、ワクワクしてもらう」これが僕にとって、自由である状態です。

ワクワクするためには、自分の好きなことをやることが必要です。そのために僕は投資が必要だという判断をしました。

経済を学びたい

 投資で勝つためには先見性を持たなければなりません。特に株式投資では、今あまり注目されていないが、今後注目を浴びるだろうといった企業を見つけ出さなければならないため、経済のマクロな視点、そしてミクロな視点が求められます。

つまり、投資を始めれば、損をしたくないので、経済について学ぶモチベーションが産まれます。経済に関する知識は社会人になって働き出しても必ず活きるので、投資は役立つ勉強手段と考え、興味を持ちました。 

人のために生きて、死にたい

確かに僕もお金持ちになりたいという欲がないと言えば嘘になります。若いうちにガツガツ働いて、たくさんお金稼ぎたいです。しかし、そのお金を高級車のために使ったり、家を買ったりといった使い方は考えていないです。

働きながら知った不の解決や、僕を応援してくれる人たちの人生を豊かにするためにお金を使い続けたい。この目的のために安定したお金を生み出す仕組み、つまり投資が必要と考えました。 

おわりに

冒頭でご紹介した「この時代に投資家になるということ」でも書かれていましたが、投資は精神的な自由、そしてお金からの自由を獲得するための唯一無二の手段だと思います。では自由になった先に何があるのか。僕はそこに真の利他精神があると思っています。

僕は、幸せは人との良い関わり合いからしか生まれないと考えています。自分が自由になり、常にワクワク生きていれば、自ずと他者に良い影響を与え、それが自分自身そして周りの幸せにも繋がっていくと僕は信じています。 

 

<参考文献>「この時代に投資家になるということ」正田圭,星海社新書